見出し画像

社内の不人気スペースにDAYS OFFICEを使ってみた

ーDAYS OFFICEがデビューした2015年。

DAYS OFFICEでどんな風にオフィスが変わるのか、自分たちでも使ってみよう。ということで、選ばれたのは、当時のオフィス1階の一角。執務エリアの横に位置し、簡単な打ち合わせをしたり、気分転換したり、というスペースでした。

ちょうどオフィスリニューアルを行う前で仮住まいだったということもあり、十分に練られたオフィスではなく、何だか雑多な印象。少し薄暗くて、正直あまり人気のない場所でした。

画像3

画像4

画像5

画像5

お隣が執務スペース。

ということで、DAYS OFFICE設置計画スタート!

まずは、もともと置いてあった家具を撤去。思っていたより開放感があるスペースが現れました。

画像16

そこに、カウンターやソファーを組み立てながら並べていきます。DAYS OFFICEの魅力の1つが、天井や床の大掛かりな工事が要らないこと!本当に「置いていくだけ」です。

画像16

画像10

そうして、組み立てて並べること約8時間。約45坪、148㎡のスペースが生まれ変わりました!

画像6

画像7

明るくなって、なかなか良い感じ!!

ーそして、設置翌日。
もう、みるみる人が集まってくる!
喜びの声もたくさん聞こえてきました。

画像16

色んなタイプの席があるので、カウンターで飲み物片手にリフレッシュ、数人でわいわいミーティング、自席とは気分を変えて集中ワークなどなど、使い方は十人十色。スペースの有効活用という点で、総務担当にも好評でした!

また、DAYS OFFICEはイベントの開催場所としても優秀なんです。例えばランチパーティー

画像16

画像15

満員御礼。(「食」って良いコンテンツですよね。)
すると、そんな様子を見ていた社長が経営企画室の忘年会をここで開催!

画像16

画像15

画像15

ーこんな感じで社員が楽しく集まれる人気スペースに成長しました。

自分たちで試してみる。これはDAYS OFFICEに限らず、会社全体で大切にしていること。今回、DAYS OFFICEがあるスペースができたことで、コミュニケーションが増えたり、笑顔が増えたり。どこで働いても同じ、ではなく、空間とか場づくりって大切だなと再確認できた取り組みでした。

(おわり)


ありがとうございます:-)
6
私たちの毎日を、オフィスから考える。 「働き方改革」ではなく、「暮らし方改革」。 あなたの仕事と人生が少しだけ楽しくなるためのメディアにしたいと思っています。