見出し画像

アプリなら、自分たちで楽しくプランできる!ワークスペースの新しいカタチ

<これからのオフィスってどうあるべき!?ちょっと先の自分たちのオフィスを、アプリで楽しく考える。>

ー今後のオフィスをどのように変えていこうか?悩んでいらっしゃる方もいるかもしれません。席数やレイアウト、会議スペースは個室で大丈夫か?オープンにすべきか?などなど……。

来年、再来年、、状況にあわせて変化に対応できるのか??

ーそんな時代だからこそ、自分たちが活動するワークスペースを「まるでレゴブロックを組み変えるように」検討できたら面白いと思いませんか!?

まずは頭の中の「イメージに近いセット」をテンプレから選ぶだけ!

ーとはいえ「専門的な知識がないし、CADも使えないから、自分でオフィスをプランニングするなんて無理でしょ?」なんてお思いの方が多いのでは。
実際、編集部によるアンケート調査(※)でも、
(レイアウト検討を行う際は)「自分ではプランニングせず設計者に要件を伝え任せていた」(30.5%)、「自分でエクセルやパワーポイントを使ってプランニングしていた(25.2%)」という回答が上位を占める結果に。

ーそこで!すでに利用されている方もいらっしゃると思いますが、DAYSには「誰でも自由に楽しくカンタンに」居心地のよいオフィスをプランできる無料のアプリがあります!それではさっそく試してみましょう!

(※)アプリ利用者へのアンケート調査より

①WEBブラウザでアカウントを無料登録します。

https://www.daysofficeapp-plan.com/

ログイン画面の下にある「新しくアカウントを作る」ボタンから登録しましょう。

画像6

②登録完了したら、先ほどのページへ戻ってログインします。
※ブックマークしておくと便利です。

↓動画による詳しい操作説明もありますので、お時間あるかたはこちらをどうぞ!

③右上の「新しいプロジェクト」ボタンで新規作成します。

おためし検討

【ポイント!】すでに図面がある人は下絵として取り込みも可能!・・なのですが、あとからでも追加できるのでご安心を!すこし時間がかかるので、初回はスキップしていただいて大丈夫です!

④テンプレートから選ぶだけです。あらかじめカフェタイプとバンクタイプ(イベント用)の2種類のテンプレをご用意。1フロアの在籍人数を選ぶだけで適切な広さのオススメ2Dプランが出てきます!

テンプレ選択


⑤「プラン編集」モード。ここでイチオシの「必殺技」があります。プランをクリックすると「拡大縮小」用の丸ボタン(左下)が現れます。「カドのハンドル」を引っ張ると、、広さに応じて「タテ長」「ヨコ長」にレイアウト調整できます!(これはかなり便利!!)

拡縮

「ユニット編集」モードへ進む。

プラン編集で大まかな大きさが決まったら、画面右の「ユニット編集」ボタンで進みましょう!「ユニット」とは、シーンに合わせた使いやすい家具の組み合わせを、DAYSがあらかじめプリセットしたものです。テーブルとチェアの組み合わせなど、1点づつ自分で選んでいくと時間かかってしまいますもんね。
自分好みに家具ユニットを入れ替えたい人は、画面の右横にある+ボタンから追加できるのですが、、ここではいったん先に進みましょう!


⑦「スタイル編集」ボタンを押すだけで、なんと3Dパースに変換されます!!(これなら誰でも簡単で楽しいはず!)

画像2

マウスで好きな角度から眺めまわしちゃいましょう! 実はこの機能、アプリ利用者アンケートでも好評だったんです。ちなみに人物あり→なしは、「3Dビュー」ボタンで切り替わります。私も写っているのですが、どこにいるかわかりますか!?

⑧「ユニット編集」を極めるコツ。

さていったんユニット編集(2D平面)に戻りましょう。自分好みに家具ユニットを入れ替えたい人は、画面右にある「+」ボタンを押してくださいね。

ランチもソロワークも人数を調整できるようにしたい!ソファーを増やしてもよいですね。

ユニット追加

3密を避けて、安心して使える打合せスペースづくり

ウォールシェルフを組み合わせることで、密閉された部屋ではなく通気の良い「半個室」もつくれます。「3密にならないオープンな打合せスペース」は、これからのオフィスには安心ですね。

画像5

密を避けるために席を間引いた時は、DAYSチェアやテーブルをフラップさせて、オフィスの片隅に省スペースでまとめておけます。キャスター付きなら女性一人でも移動がラクラク。2人で「せーの」で持ち上げなくて良いのです。

フラップ移動

⑨隠していたわけではないんですが、、実は「執務エリア」の家具もあるんです・・!皆さんのオフィスにもある対向島型のデスク、保管庫や複合機から個室会議室、役員室、更衣室まで・・・。

執務

いまの自分たちのオフィスが疑似再現できてしまいますね!つまり、「ビフォー&アフター」のオフィスレイアウトを自分たちで比較・検討できるということなんです。チームメンバーにもプランを共有(コピー)できるから、手分けしてバリエーション作成や、社内コンペ?までできてしまいますね!

AR=拡張現実もできる!?

もうひとつのシミュレーションツールとして、DAYSではARアプリもご用意。iOS端末をお使いのかたは、目の前の風景に家具レイアウトを重ね合わせて、その中を歩き回ることまでできるんです。臨場感あふれる楽しさを、ぜひおためしください!

ARアプリデモ

まとめ

さてさて、いかがでしたか?コロナ時代のオフィス検討、すこし前向きに考えられるような気がしてきませんか?

アプリを利用してのレイアウト検討は、メンバー内でのイメージのすり合わせがスムーズになったり、短い期間で検討できるなどなど、便利なポイントがたくさん。自分たちでレイアウトすることでイメージ通りの空間が作れるので、オフィスへの愛着も増すはず

これまでインタビュー記事に登場いただいた方々それぞれの「オフィス観」も参考にしながら、「自分たちのオフィスはどうあるべきか?」皆さんもぜひトライしてみてくださいね!


(おわり)



ありがとうございます:-)
私たちの毎日を、オフィスから考える。 「働き方改革」ではなく、「暮らし方改革」。 あなたの仕事と人生が少しだけ楽しくなるためのメディアにしたいと思っています。  DAYS OFFICE公式サイトはこちら https://kokuyo.jp/days_note