見出し画像

オフィスの本棚、選書のプロにまるごとお願いしてみた!

<オフィスの本棚って選書が難しい…。そんなときの救世主、青山ブックセンターさんにお願いする『本棚まるごとセット』を体験しました>

こんにちは!GOOD WORK DAYS. 編集部です。

在宅ワークが続き、遊びも勉強もオンラインでできるようになった昨今ですが、情報摂取もネットやSNSに偏りがちなワーカーは多いはず。だからこそたまの出社の機会に、オフィスで新しい知識や刺激との偶発的な出会いがあると嬉しいですよね。

ということで今回オススメしたいのがこちら。オフィスへのミニライブラリーの導入です。

オフィスにミニライブラリーを導入。選書って難しい

画像12

たとえば、間仕切りとして使用されることの多いオープンシェルフ。これだけだとすこし寂しいですが、、

画像12

ここに本が並ぶと、ちょっと贅沢な空間に変わります! 一部の表紙を見せて並べると本棚にメリハリがつきますし、インテリア雑貨も一緒にあればリラックス感もグッと増します。

でも、本棚に並べる本は、誰がどのように選ぶのがいいのでしょう? 
ワーカーに読みたい本をアンケート調査? 社長のオススメ本を並べる? 誰もが興味を持つような魅力的な選書って、なかなか難しそう、、、。

そこで。

簡単お手軽『本棚まるごとセット』をご紹介します

今回ご紹介するのは、DAYS OFFICEの家具「ウォールシェルフ」と、選書のプロがセレクトした本を一緒に購入できる『本棚まるごとセット』
青山ブックセンター(以下:ABC)のブックコンサルタントさんに、本棚ワンスパン分の選書をまるっとお任せできるプランなのです。

【HOW TO】
1.置きたいスペースに合うウォールシェルフを検討する。
   (すでにウォールシェルフをお持ちの企業様は2.へ!)
2.必要な本の分量を検討する。「図書館のように本でびっしり埋めたい!」or「植物も飾りたいから棚の半分くらいかな?」などなど…。
3.ウォールシェルフはコクヨ、本はABCさん、それぞれの担当者と打合せして、どんな本棚にしたいか選書のイメージを詰めていきます。

では、「具体的にどんな本棚ができるの?」とお思いの方のために、編集部からABCさんに3パターンのテーマを伝え、選書をお願いしてみました!

①【総務・人事・営業向け】には、こんな本棚はどうでしょう?

とくに若手社員を中心に読んでもらいたい本棚をテーマに、プレゼンスキルや業務効率化などの仕事術、ビジネス書をメインに選書してもらいました。それがこちら!

ファイル_006

繝輔ぃ繧、繝ォ_001(4)

ビジネス書メインといっても、カタすぎず、手に取りたくなるタイトルが多め。『ヤバいモチベーション』(SBクリエイティブ)、気になります。。。

全体図はこちら↓

画像15

今回は3パターンとも共通して、棚の余白を多めに残した陳列を意識しました。タイトルにインパクトのある本の表紙を見せて並べることで、通りすがりのワーカーの興味を引くことが狙いです。今回は編集部が本を並べてみましたが、初回はABCさんが陳列まで行ってくれます。

こんな感じでじゃんじゃん行きます! お次はこちら!

②【デザイン・設計・企画者向け】なら、こんな本棚は?

家具のデザイン・設計や企画者のアイデアやひらめきのタネになる本棚がテーマ。写真集や図版集、建築系書籍など、ビジュアルメインのラインナップでお願いしました。

繝輔ぃ繧、繝ォ_004

繝輔ぃ繧、繝ォ_005(3)

ビジュアル本だけでなく、マーケティング目線でのデザイン技法や企画に関する本が潜んでいるのもポイントです。

全体図はこちら↓

画像17

装丁が綺麗な本が多いので、潔くすべて表紙を見せて並べました。面陳列する際にはオプションのマガジンスタンドを導入すると、安定感も増します。ブックエンドもラインナップしているので、蔵書が増えてきたときも安心。

画像18

③【全ワーカー向け】雑談が生まれる、フリー本棚もあるといいかも!

仕事の合間の雑談タイム、新刊本やベストセラーの話題って結構役に立つんですよね。仕事とは直接関係ないけれど、知的好奇心がくすぐられる。そんな、話題のネタになるいま読むべき本を選書してもらったのがこちら。

繝輔ぃ繧、繝ォ_001

繝輔ぃ繧、繝ォ_004(1)

経済から思考術、SNS、シェアやリモート……と、年齢や職種を問わない幅広いテーマとジャンルで構成。本棚の前で本を選びながら、新入社員とベテラン社員が会話するきっかけも生まれそうですね。

全体図はこちら↓

画像16

ちなみに取り出しづらい最下段は、雑誌のバックナンバーや収まりきらなくなった本のストックを置くスペースとして活用するために空けています。(防災用品の収納場所として活用してもGOODですよ!)

素敵な本棚が簡単に完成! 運用はどうすれば…?

ここまで読んでくださった方は、導入後の運用が気になっているのではないでしょうか? 『本棚まるごとセット』は、定期購入が可能。月1回、3か月に1回などのご希望のペースで、ABCさんが新しい本を届けてくれます。メンテナンスもご安心ください!

さらに、ABCさんは本の貸出しの仕組みもご紹介しています。ワーカーがセルフで利用でき、総務担当者がいなくても管理ができますよ。

こんなふうにミニライブラリーを導入・運営していくことで、ワーカーの刺激も増えそうです。

ぜひ、検討してみてくださいね!

★『DAYS OFFICE 本棚まるごとセット』のお問い合わせはコチラから。
お問合せ内容の欄に、『DAYS OFFICE 本棚まるごとセット』ご希望の旨を明記ください。

■関連記事
本選びから見える、未来の潮流。【前編】-青山ブックセンター・ブックコンサルタントインタビュー
本選びから見える、未来の潮流。【後編】-青山ブックセンター・ブックコンサルタントインタビュー
オフィスの本棚を日々育てる「ビジネスコンシェルジュ」インタビュー
LIBRARY for GOOD WORK
本にまつわるちょっとしたコツや事例をご紹介するマガジンです。







ありがとうございます:-)
私たちの毎日を、オフィスから考える。 「働き方改革」ではなく、「暮らし方改革」。 あなたの仕事と人生が少しだけ楽しくなるためのメディアにしたいと思っています。  DAYS OFFICE公式サイトはこちら https://kokuyo.jp/days_note